当サイトは、魚を原料としたフィッシュコラーゲンについて解説しているサイトです。
このページでは、フィッシュコラーゲン以外の、牛や豚など動物性を原料としたコラーゲンについてスポットを当ててみました。

動物性のコラーゲンには、どんな物があるの?

よく、青汁などの健康食品に、「コラーゲン含有!」という文言を見かけると思いますが、殆どが豚などの動物性を原料としたコラーゲンという事をご存知ですか?
実はこれは、経費を抑えてコラーゲン入りをアピールして販売したという、メーカー側の戦略なんです。

動物性コラーゲンには、牛や豚、鶏などが主に原料とした使用されますが、すべてに共通している事は、「独特のにおい」と、「腸からの吸収が悪い」といわれている事です。

魚を原料としたフィッシュコラーゲンの1/7しか吸収されないとの研究データがある為、たとえフィッシュと動物性とで同じ量のコラーゲンを摂取しても、得られる効果は全く異なってきますので、ご注意ください。

下記に、主に動物性の原料として使用される物を紹介します。

皮や足や耳にコラーゲンが豊富に含まれています。
とても安価なので、健康食品の殆どで豚由来のコラーゲンが使用されています。

尻尾やすねにコラーゲンが豊富に含まれています。
熱に強い為、加工しやすい特徴があるのですが、BSE問題以降、使用にあたっては様々な制限があります。

手羽先や軟骨部分にコラーゲンが豊富に含まれています。
牛や豚に比べて臭いが比較的少ない方です。

植物性のコラーゲンは存在するの?

結論からいうと、植物性のコラーゲンは存在しません。

健康食品や化粧品で、植物性コラーゲンという表現を見た事がある人もいるかと思いますが、コラーゲンは動物特有のたんぱく質なので、植物性コラーゲンは別物なのです。

植物性コラーゲンは、大豆などから抽出され、動物性コラーゲンに近い働きが期待出来るようですが、その効果はまだあまり明らかとなっていないようです。


Copyright (C) 2010 fishcollagen-wiki.com. All Rights Reserved.